2012年5月19日土曜日

信仰の友の遺影を抱いて、聖コルベ館へ。「来ましたよ」

東京から、2人の女性が来た。手に遺影を持っている。遺影の写真は、故・伊藤武子さん。左の武田佳代子さんと2人で、2年前の春、桜の咲く頃にいっしょに来た。亡くなった伊藤さんは、聖母の騎士のルルドへ登る坂道に、大きな、見事な桜が満開の姿を見て感動した。コルベ神父のルルドの聖母も美しかった。「毎年、桜の時期に、長崎巡礼に行こうね」。旅の仲間に、同じ教会の友人、橋本晴子(写真・右)も誘った。3人は毎月集まって、長崎の旅の学習会を開いて、準備していた。夢があった。希望もあった。3人は心待ちに、1年を過ごした。長崎の桜の開花は、3月下旬である。あと2週間で、巡礼旅行実施か、と思われたとき、あの3・11の大震災が起こった。3人の住む町も、大揺れに、揺れた。あまりにも災害の深刻さに、この年の巡礼は中止した。あと1年、学習しながら待とう。ところが、4月になって、写真の伊藤さんにガンが発症する。6月、武田さんは、聖コルベ館に、「ルルドの水を送ってください」と願った。私は早速、お送りした。8月、伊藤さんは大手術を行なった。みんなは心配する。快復を祈った。秋になると、伊藤さんはゲンキを取り戻した。「これなら長崎へ行ける。聖母の騎士のルルドへ行ける」。夢も、期待も失わなかった。2012年正月、伊藤さんから私に年賀が届いた。2月まで、3人は学習会を開いた。しかし伊藤武子さんの体力は弱っていた。それでも伊藤さんは長崎行きをあきらめなかった。3日後、入院した。灰の水曜日と、復活祭の翌日、武田さん、橋本さんの2人は伊藤さんを見舞った。「長崎へ行きたい」。それが伊藤武子さんの遺言だった。闘病のすえ、今年の4月21日に神に召された。残された2人は遺影を大切に抱えて、聖母の騎士へ姿をあらわした。「武子さん、コルベ神父さまのルルドですよ」