2012年5月18日金曜日

ワインは、もう飲めないか?肝臓か、腎臓か、お酒の行方は

昼食は、外食した。「カンパーイ」と、ワインを挙げ、少々飲んだ。顔が真っ赤になる。はずかしい。楽しい食事会だった。自室に戻ったのは、2時ごろ。しばらく眠った。目がさめて、尿を出したら、濃い尿がわずかに出た。なにやら綿のような異物が浮いている。「おかしいなあ、ワインのせいか」。これまでもワインの後は、尿が出ない感じもある。影響が本当にあるのか。先日、お医者さんがバイパスの管を抜いたとき言った。「尿が出なくなったら、朝から診察に来てください」。いやな予感が、アタマをよぎる。なぜ、こんなに尿のことで一喜一憂するのか。昨夜は大量に尿が出ていたではないか。「もう疲れたよ」と、内心、ぐちった。夕方、聖母月のお勤めがある。尿は僅かにしか出ない。不安な気持ちのまま、ロザリオ、聖務日課の祈りを果たした。アタマがクラクラする。それでも辛抱して、ゲンキな声で祈った。「もう、ワインを飲むのは、止めるか」と秘かに考える。いつまで続くか分からないが、とにかく刺激物は腎臓のため良くないだろう。だが、お酒をやめるのは、寂しいなあ。祈りは約1時間。普通は途中でトイレに行く。行ってはみたが、調子は出ない。祈りの後は夕食だ。やっと「出ータ」。夕食の途中で、「おお、ダイジョウブだぞ、これは」。あんまり考え過ぎじゃないか。もう少し、おおらかに任せよう。やっぱりワインは飲むことにするか。