2012年5月7日月曜日

1年ぶりの再会。津和野の清さん。教会・資料館の案内人

開館と同時に、津和野からのお客さん。「おお、大谷清さんじゃないか。1年ぶりだね」。同行者は熊本の高木さん。津和野(島根県)へ出かけて、乙女峠祭りに参加して、清さんを連れてきた。2泊3日の長崎の旅。清さんは、津和野教会の資料館の案内係りを勤めている。女性は津和野の地元の人。私は昨年の5月、津和野へ行って、清さんにお世話になった。身体が不自由なため、幼児の頃から苦労が絶えない。「自分のからだは、どうにもならない。悩んでも、仕方がない。生活はどうにかなるでしょう。それで1日、1日を、感謝して、精いっぱい生きる。人生、七転び、八起き、です」。大谷清さんのことは忘れない。「人間は弱い存在です。信仰があっても、忘れて、怒ったり、欲があったり、そっちの方になびいてしまう。また信仰すると、悪い心から開放される。小崎さん、教会に行って、祈っているよ」「おお、それは良かった。がんばってな」。私が去年、津和野へ行ったとき、資料館の案内はするが、ミサや祈りに姿がない。皆さん、寂しがっていた。それが、教会で祈りをする、と打ち明ける。辛いことや、傷ついたことも、人知れず有ったのだろう。「生きるのは恵みであるが、辛いことも沢山ある。お互いに、がんばろうね」