2012年5月6日日曜日

子供の日。山の養護施設で過ごす。顔なじみに出会った

久しぶりに山の施設へ出かけた。イベントがあり、賑わった。以前、私はこの施設で、子供たちと、2度にわたって過ごしている。1度目は終戦後まもなくで、私は療養しながら、11年間暮らした。この頃は食料不足で、食べ物は少なく、誰もが、お腹を減らしていた。食料を盗んだり、よく事件が起こった。中卒は「金のタマゴ」と呼ばれ、就職列車で、関西方面へ旅たって行った。2度目は、それから20年後で、校長になって6年間勤めた。この頃は学校崩壊といわれた80年代で、「キレル」とか、「ムカツク」などの言葉が流行った。山を去って、20年が流れた。時々、施設の行事には来ていたが、最近はご無沙汰している。シスターや先生、園長さんが、「おお、いい顔しているじゃないの」と喜んでくれた。昔、厳しく子供たちに当たったことが悔やまれる。今の施設の声は明るい。風も爽やかだ。半日、山の空気に癒された。いつの時代も、施設の子供たちは、家族の愛から遠い、寂しい境遇にある。この子供たちを、いかに幸せに育て、夢を持たせるか。職員や教師たちは希望を失うことなく、努力の日々がつづいているのを感じた。