2016年9月30日金曜日

湯につかって、ホットする。病院はやっぱり、イヤだね

写真は、入院中に見舞いに来てくれた、長崎の千草さんと、蓉子さんです。ホームにも一緒に見えたことがある。
★皮下注射をした際、針の穴から血が噴出して、上・肌着が、葉っぱ程の大きさに血で汚れたとき、青い石けんを買って、汚れを落としてくれた人たちです。その際は、お世話になりました。
★きょうは、朝の9時から、ホームの湯に入った。男3人。もちろん、入江(イリエ)さんと、もう1人の男性(キリエ)さんです。
★最近は、キリエさんが背中を流してくれるようになった。暗黙のうちに、イリエさんは、引退か?
★ホームの湯に浸かると、ホットします。戴いているイノチを大切にしながら、感謝して生きて前へ進もうと思います。
★ステントを交換して下さったお医者さんが言った。「ステントの中は、きれいでしたよ。今度は、半年後に、いいでしょう。ボウコウもキレイでした」。半年といえば、来年の3月だな。89歳だよ。先のことは心配しないようにしよう。これから先のイノチは、神さまのみ旨です。
★8日間入院して、入院費が安価なのに、びっくりしました。注射や、点滴、交換手術も、3度の食事も食べて、病院衣など、いろいろ有ったのに、退院のときの支払いは、1.400円を出して、お釣りが15円あった。
★国の医療費がカサムのが心配になるよ。原爆手帳のおかげだと思います。受けた原爆は反対だが、生かされて、ありがたいことです。
★入院中、日記の代筆をしてくださったのは、長崎のハルミさんでした。感謝。