2016年9月17日土曜日

ホームでは、明日の日曜日に、敬老の祝いをします

明日は、日曜日です。その次の日、月曜日は、「敬老の日」で、お祝い日、休日になっている。
★ホームでは、敬老のお祝いを、明日の日曜日に行ないます。国旗を壁に飾って、式典があり、来賓や、家族たちで賑わう予定です。そのため、目につく廊下には、学校じゃないけれど、習字や、絵てがみ、生活の様子の軽体操・写真、コーラスの場面の写真なども、生活の一旦として、展示されている。
★ホームにお世話になって、2年近くになります。毎日の生活は、日々、変わらない、ゆったりとした時間が流れているが、2年間を思い返すと、それでも人生の大きな柱があった。
★昨年は、修道士の誓願50周年で、金祝を祝ってもらった。長崎では管区を揚げて、お祝いされたし、出身の外海・黒崎の教会でもお祝いを受けた。大きな喜びでした。
★今年は、88歳になり、米寿を意識している。よくぞ、ここまで生きたという感じです。明日は、ホームで「敬老のお祝い」があります。米寿の人には、何かお祝いがあるのだろうか。服は、普通の服でいいのか。スーツを着るのか。わたしは、スーツは持ちません。以前、学校に居た頃は、スーツは何着もあったが、もう使うこともないと思って、みな、処分してしまった。
★明日の服装は、修道服にします。修道服を着て、88歳の米寿を皆さんからお祝いされれば、それが一番の幸せでしょう。ここまで生かされたイノチを神に感謝して、祈りの生活をつづけます。