2013年4月30日火曜日

大晦日のパウロ君の旅立ち。韓国への旅立ち。さあ、出かけるぞ

2人が出発の朝、5時25分に起きる。パウロ君は、ウドン屋に勤めているので、朝が早い。慣れているので、早く起きた。修道者と一緒に朝のお勤めをする。声を大きく、祈りを称えた。ミサ、黙想、聖務の祈りなど、一連の祈りを終わって、朝食。昨夜、遅かった院長さんに挨拶をする。「岡山のパウロです。お世話になっています。5月1日の夜、夜行バスで東京へ。2日の朝、関町の修学院へ入会します」。パウロ君、いい思い出になったね。頑張ってね。とにかく、君には若さがある。20歳の出発だよ。祝福するよ。聖コルベ館に入会前に来てくれて、「ありがとう。祈っているよ」。朝食の後で、2人は聖コルベ館を出発した。岡山で、パウロ君を降ろして、付き添いの男性(運転)は神戸まで。安全運転で、帰れよ。こうして別れた。★いよいよ、午後3時、韓国への旅に出かけます。今夜は、列車で福岡へ。ホテルに泊まる。明朝、午前中に、福岡空港から、釜山へ向けて飛び立ちます。無事に帰れるように、祈って、助けてください。見守ってください。この旅が終われば、お恵みがあるでしょう。