2013年4月23日火曜日

自分を励ます。このワクのなかに、自分らしさを見つける

いまの心境を、1筆、筆で書けと言われたら、「それでも、生きる」ですね。若い頃は、食べたいから、食べ、飲みたいから、飲んでいた。気持ちの、おもむくままに、自然体で生きていた。ありがたい気持ちは、あまり、なかった。それが、いまは違います。カラダ、ふぐあい、性格も弱いし、事の運びも、ゆるやかになる。それでも、自分のジンセイです。そのままで、受け入れて、抱いて、生きていく。この道は、もう、変えられない。このワクのなかに、自分らしさを見つけて、伸ばして、いささかの喜びが湧いてくれば、それで、いい。★小崎サンが書いたものが、なぜ読まれるのか。わかりません。ある任は言った。「歯にコロモを着せぬ、率直さがあるからだ」。そんな声を聞く。「そうか、なあ」。着飾っても、仕様がないからね。自分に、正直でありたい。それでも、笑われたくない、気持ちは、あるね。