2013年4月17日水曜日

笑え、ウァ、ハ、ハ、ハ。笑えば、ボケないぞ

アタマを働かせ。作文、書けば、ボケないよ。アタマのなかで、整理するからね。クチを働かせ。語り部で、しゃべれば、ボケないよ。若者、中学生たちのゲンキな息を、吸収するからね。ありがたいよ。「笑え」「大いに、笑へ」「ウ、ハ、ハ、ハ、ハ」。それで、いいのだ。ボケないよ。「カンシャ、カンゲキ、あめ、あられ」って言うでしょう。感謝する者、感激する者、これもボケない。感謝は「ありがとう」。感激は「おかげさまで」。電話の応対が、いかんな、と言われた。最後に「どうも」でなく、「失礼いたします」「お声が聞けてうれしいです」「お電話ありがとうございました」。これが、いいそうです。効果があるかな。テストするよ。「やあ、いつもゲンキだな」と声かけられると、なんと答える。「あたりまえや」(ペケ)。「おかげさまで」(マル)。「きれいな花やね」「あたりまえや」(ペケ)。「野の花を見よ。感動ものだね」(マル)。ジンセイは、明るく、行こうーぜ。