2013年4月25日木曜日

日記を書くのが遅くなった。ゲンキにしています。心配なし

朝から、散髪へ行く。スッキリとなって、聖コルベ館へ戻る。2人の見学客がある。修道服を着ていない。姿を現すのを、遠慮していると、事務室をのぞいて、「小崎サンですか?」。問われて、ああ、こりゃ、ダメだ。観念して、「黒長イスの方へ、どうぞ」。話に相対する。千葉から来ました。同じ教会のもの同志。「小崎サンの本、読んで旅行している。写真を撮らせてください」の願い。「本を買ってくれたらね。サインもしているし、ね」。修道服を着ける。記念の写真。本は、1人が3冊、もう1人は2冊、買ってくれた。もう、お昼になる。午後から、ヘルパー男性がきて、入浴の介護をしてもらう。ゆっくり自室で休んだ。もう夕方になって、祈りの時間になりました。日記の記載が遅いと、「心配するわ」という人も居る。「ごめんなさい」。ゲンキにしています。庭に、ジャスミンの白い小さな花が咲きました。