2016年12月13日火曜日

新車を買った。電気自動車。ドライブ、行きましょう

藤下先生が、「新車に乗り換えました」と、車を見せにやってきた。1週間ほど前のことです。「いま、山の修道院へ行って、神父さまに清めてもらった帰りです」。とっても、嬉しそう。「いい、クルマじゃ、ないですか」「電気自動車ですよ」と自慢する。私も一緒に喜んだ。「電気とは、珍しいね」。車に乗った先生、エンジンをかける。静かな音で、稼動した。「さすーが、だね」
★電気自動車といっても、電気だけで動くのではなく、ガソリンも入れる。ガソリンで走りながら、電気を蓄電する。電気でも走れる。だからガソリンの燃費がよい。リッターで、35Kmは走れるという。「いくら、したの?」と、ネダンを聞いたが、ウン百万円か、いま、よく思い出せない。長年、勤め上げて、退職した先生の日課は、愛犬の散歩と、このクルマのドライブらしい。奥さんは、もう亡くなった。
★「この車、ドライブ、頼むよ」「いつでも、いいですよ」。藤下先生は、椿原の学校時代の仲間です。お互い、知り尽くした間柄です。遠慮することは、ありません。
★連絡し合って、「ドライブは、今日しよう」と決めた。計画は立てていました。近くの薬局でシャンプーの買い物をして、諫早へ向かう。写真屋へ寄って、プリントの注文をして、耳鼻科で治療して、お昼は、福田屋でウナギを食べる。帰りに、写真屋で、写真を受け取って、3時のロザリオまでには帰ってくる・・・、そのつもりだったが、残念、雨で中止しました。
★ロザリオを祈って、いま自室に戻ってきたところです。雨が、しょぼ、しょぼ、降っています。