2014年7月21日月曜日

海の日。ナマのニンゲンを語るのは、むずかしい。


★海の日といえば、思い出すのが、沖縄の海です。今年の正月に休みをとって行きました。きれいな海ですよ、ね。ついつい、こんなポーズをとってしまいました。心が躍るような、いい気分でした。★日記を読んでくださる女性から、次のような言葉を受けた。「小崎サンの、生(なま)の人間として、86歳を生きる、とは、どんなことなのか、お話を聞きしたいと思っております」。ありがたい問いかけです。自分でも、時々、清算するために、どのように生きてきたのか、振り返ることがあります。欲に負けても、やっぱり聖なるものに憧れる心は残っている。それが何よりの救いです。★月曜日で、午後から介護の入浴日だった。「小崎サン、何か心配ごとでも、あるのですか?」と聞かれた。心配してくれる。そこで答えた。「秋に、小さな集まりで、お話を頼まれているのです」。今、何が話せるのか、考えている。そのとき、ナマの人間として・・・と問われた。考えていることが、当たったんですね。整理したいと思っているんです。「ああ、そうですか」と介護の男性は納得してくれた。人生をつらぬく、何が、大きな柱だったのか。時折、思いますよ。