2012年10月31日水曜日

ありがたい、お便り、届く。修道士は不死身じゃありません

京都・宇治の柴田さんから、写真と手紙が送られてきた。「20年振りにおとずれた聖母の騎士修道院での小崎修道士、前よりも輝いていらっしゃいましたし、お元気そうな御姿を拝見致し、本当に嬉しゅうございました。帰宇して2日後に聖母の騎士誌が届き、終油の秘蹟をお受けになっておられた小崎修道士を見て、全然違った御方のようでしたよ。修道士はどんな御病気にも勝たれますよね。不死身とは修道士の事を言うのだと、つくづく感じ、神さまの御手の中で、御手の一番近い所に囲まってもらっていらっしゃると確信致しております。本当に嬉しく、また20年前に逢ったフランシスコ中村修道士も御元気との事、帰りし、うれしくて涙が流れました。10月14日(日)は浦上天主堂でミサに与かり、その後、如己堂に行きました。館長をしておられる永井徳三郎さまにも逢う事が出来、亡きかやのさんの写真を持って行き、おみせ致しました。登明修道士に再会し、神さまに感謝です。御元気でどうぞいつまでも御元気でいて下さいませね。御祈り申しております。」