2012年10月30日火曜日

名も知れない花だけれども、せいイッパイ咲こうではないか

何の花か、知りません。食堂を出た屋外に咲いています。ふと、目にとまれば、きれいだなあ、と思います。自然の感情でしょう。毎日、ブログを書いています。聖コルベ館で、特別な出会いや、自分が旅に出たときなどは、書きやすいです。しかし平凡な、変わりがない1日、書く時間は、普通、午前中ですが、聖コルベ館のパソコンに、何を書いたらよいか、迷うことも、しばしばです。書くからには、切れる言葉をと、欲も出るんですね。基本は、あくまでも、いま、自分が何を考え、どういう試練に出会っているか、自分のために書き溜めておきたい、それが願いで書いているつもりです。読んでくださる人も居られる。人の意見や、視線を、もともと気にするタチかも知れない。しかし1つ言えることは、立派な建前を書くつもりは、ありません。自分の落ち度や、過去のワルも、全部は書けないにしても、ニンゲンに弱い部分があるのは、認めます。日記を書き出して、4年になる。他にも、メモや、思い付きを書いた紙も、多々あります。ブログに、聖書の言葉や、説教じみた言葉は、使いません。ジンセイを生きる、考える、その気持ちはあります。信仰したからと、すぐにニンゲンが変わるものでもないでしょう。それでも絶えず、善に向かって努力する、いつかは報いられる。それを希望して生きたいと思います。