2018年6月8日金曜日

子供の頃は、イエスの聖心の絵が、ふしぎに思えた

イエスのみ心の祭日。長崎・聖コルベ館のコルベ神父居室の聖絵です。野々村哲さんが写した。「トマさんのことば」からの転載です。
★子供の頃、家庭祭壇に、この聖絵があった。胸に、心臓が描かれていて、痛ましく思える。長崎・浦上の、どの家庭にも、この聖絵が飾られていた。信仰を表現する印しの絵だった。
★コルベ神父は、イエスのみ心の聖絵の下に、必ず無原罪の聖母マリアのご像を置いた。「マリアを通して、イエスへ」が、コルベ神父の信念である。聖コルベ館で、この壁の配置を見ると、懐かしいというか、コルベ神父の思いが伝わってくるのを覚える。
★眼科の女医先生の診察日。右の目の視力が落ちた。カスミが、かかっている。右の目だけでは、新聞の字は読めない。壁の大きな墨字も読めない。名前を呼ばれて、診察を受ける。眼圧の検査、熊の絵を見せる検査、熊が、ぼやけて、見えずらい。女医先生の診察。「右の視力が、落ちています。カスミが、かかった状態で、字が読めません」。心配になる。幸いに、左目が健在なので、メガネなしで、聖務の字や、聖書の字は、かろうじて読める。「3月に目の検査は、しているが、また医院に来なさい」と言われた。ホームの老人たちには、目の不自由な人が多い感じがする。歳と共に、目の状態は、どうなるのだろうか。