2018年6月12日火曜日

右目に、レーザー治療が必要です、と眼科の女医さん


最近、右の目がカスムようになった。視力が落ちている。目については心配になる。毎月、ホームには眼科の女医先生が診察に見えている。その度に診てもらっている。「3月に来られたが、また視力の検査に来なさい」と言われた。高原修道士さんの運転で、諫早市内の女医先生の医院へ出かけた。視力の検査、眼底の検査、眼圧の検査、ホームでは検査が出来ない目の内部のフラッシュ焚いての検査、薬を時間を置いて点眼しての検査など、時間をかけて丁寧に診てくださった。7年前に、左右の白内障の手術をしたが、右の目にカスミがかかっている。レーザーの治療が必要、ここでは出来ない、他の眼科に紹介状を書きます、と言われた。レーザーを掛けると、治癒するそうです。
★眼科医院で遅くなり、正午ちかくになった。ホームに電話して、昼食を断った。ホームに帰る途中に、小さな食事処がある。「コーヒー・ショップ」。かわいい家だ。いつもと通る道すがらだが、1度も入ったことはない。高原さんは入ったという。ホームの職員も時々利用するという。それではと、入った次第です。ハンバーグ定食を注文した。窓から、「白いカモメ」特急が一瞬、走り抜けるのが見えた。「白い、はずなのに、胴体に何か書いてある?」。高原さんの説明。長崎サッカーの応援の色彩らしい。