2018年6月22日金曜日

修道者が21人集った。祈り、喜び、笑い、楽しむ

不思議な雲が現われた。コンベンツアル聖フランシスコ会では、お互いを「フラテル(兄弟)」と呼ぶ。兄弟のような雲がワゴン車の窓から見えた。1人、1人が兄弟だ。
★昨日は、修道者たちの集いに参加する。湯江からは、ワゴン車に、6人が乗った。会場に着くまでに、40分はかかる。その間に突然、見た雲の姿だった。皆んなは兄弟。その集まりに車は走る。会場はカトリック信徒のレストランだった。いつもお世話になる店で、奥に特別席がある。4地区、長崎、東長崎、湯江、小長井から、21人がにこやかな顔を揃えた。
★先ず、全員で唱える「教会の祈り(晩の祈り、寝る前の祈り)」。この時が一番楽しい。やっと修道士に戻れる。祈りの声も揃うが、心も揃うのを、しみじみと感じる。最後にラテン語の聖母賛歌「サルべ・レジナ」をチカラ強く歌った。本当に気持ちが、いいよ。
★働く場所は、それぞれが違う。教会(3)、幼稚園(2)、高校(1)、老人ホーム(1)、養護施設(1)、他に、修道院の印刷所=騎士社、志願院、修練院、聖コルベ記念館などがある。報告があり、各人のお知らせがあった。湯江の院長・浜田神父さんは、「谷村神父と、村山修道士を神の御元へ見送った。お祈りや協力に感謝します」と述べた。次いで東京から転任してきた水浦征男神父さんは、先日行なったアシジの巡礼と、東京で「北原怜子(さとこ)」さんの小さな資料館が出来る。200万円が必要です。北原怜子さんの列福運動は、コンベンツアル会で促進すべきです、と強調された。
★「トマさん、何か無いですか?」と請われたので「昨年、湯江小で語り部をして、湯江小の先生が飯盛小に転任したので、語り部を頼まれ、来週、努めます。いま自分に必要なのは『気力』です。『気力』は失いたくない」と告げた。
★修道士は、兄弟の修道者と一緒に、祈り、笑い、飲食し、希望を語るのが一番の幸せです。むかしの思い出、バカばなしで盛り上った。そのように17歳から何十年も生きてきた。幸せを、生き甲斐を感じてきた。ホームに居るのは寂しい。だが、ホームの生活も、いいんだな。自室に戻ると、落ち着くんだな。ホームにも幸せは、あるよ。