2018年6月3日日曜日

入院5日目。午後、退院。ホームがヨカです

入院中にお見舞いに来られたホームの事務長・岩田さんと湯江修道院の院長・浜田神父さんです。
★午後から高原修道士さんと浜田神父さんがお迎えに来て、退院しました。久しぶりの屋外の空気を吸って、ホームに戻って来た。「おかえりなさい」。皆さんが喜んでくれた。ホームが、やっぱりヨカです。
★命を、又、半年、つなぎました。イノチは神さまのことです。お祈りして、支えて下さった皆さん、ありがとう。又、活動が始まります。生きている限り、前へ進むしかない。
★入院中、日記を書いて下さったのは、長崎の「はるみ」さんです。携帯で、日々内容を告げました。ご協力ありがとう。