2018年1月7日日曜日

天草の話。昔、ホームには、由緒ある女性が居た

長崎・聖コルベ館を出て、ホームで4回目の正月を迎えているのに、聖コルベ館へ年賀状が届く。その年賀状を手にして、大野神父さまが自室に来た。10枚程あった。滝神父さまの分も一束あった。大野神父さまは、聖母の騎士修道院で、修道会の修練長を勤めている。私の部屋を見回しながら、「母も、(県外の)ホームで生活している。元気で、92歳になる。1月に誕生日がくる」と言った。「ところで、コルベ師の映画、見ました?」「いや、丁度、その時、天草の巡礼に行っていた」「それは残念でした」「天草の教会巡りは良かったよ」。スマホで写真の数々を見せてくれた。私にとって天草は親しみのある懐かしい土地だった。大野神父さまは長居をせずに、瀧神父さまの部屋へ行った。短い時間で、お別れした。
★天草に付いて、少し書きたいと思う。1957年・昭和32年、当時の聖フランシスコ園に、山野キマさん(78歳・旧姓三宅)が入居していた。キマさんが言うには、自分は明智光秀の13代目と自称する。光秀の家臣に、安田佐兵衛が居て、光秀が滅亡した後、佐兵衛は秘かにガラシアの弟、左馬介を伴い、九州に逃れた。その一子が三宅藤兵衛で、彼は出世して天草富岡城の番代となる。三宅藤兵衛は、島原の乱の際、天草四郎軍が攻めて来て、本渡で合戦となり、戦死した。藤兵衛の子孫は、その後、熊本本家と、島原移住の2つに分かれたが、キマさんは島原移住の子孫で、旧姓は三宅で医師の家で生まれた。彼女の持っている系図も見せてくれた。
★キマさんはホームで静かに生活しているが、長崎・シスターの学校で学び、看護学校、師範学校でも学び、日露戦争では看護婦で従軍も果たした。その後は女学校の教師も勤める。結婚して、山野の姓に変わった。秘めた生活をした人がホームでは暮らしている。
★私は、昭和32年8月に、キマさんの話を元に、天草に旅をして、三宅藤兵衛の墓参をした。本渡には「殉教戦激闘之地」の碑が立っていた。近くの店で「天草四郎おこし」を売っていた。あの頃は、終戦12年目頃だから、時代は古く、有名なガル二エ神父の、賄いをした「茂助」の養子、森口等さんにも会えた。切支丹遺物を持っている山下さんにも会った。大江には地蔵が多く、天草の乱時代の庄屋の家も残っていた。あの人たちは、今も健在であろうか。