2018年1月5日金曜日

笑って暮らそう。笑えば福も来る。長生きも出来る



午後の体操が終わって、食堂へ集った。「福笑い」。今年も大いに笑おうじゃないか。笑えば心も軽くなる。楽しくなる。急いだって、仕方がない。ホームはゆっくり生きる所だよ。先ずは職員が手本を示す。「こー、やって、あー、やって、マユをつける。目もつける。ホッペタは、どこかな?」。女性が上手にやった。次は瀧神父さま。神父も合わせて頑張った。上手やったよ。次は、ボク。出来具合はどうかな。うまく行かないね。それでも、ピィースだよ。
★次に職員3人で、食べるゲームをやった。椅子に座って、後ろに、もう1人。上着を被って、手を出して食べさせる。最初は、長崎有名店のカステラだよ。ゼイタクだな。その後で女性職員がカップ・ラーメンを持ってきた。これを食べさせるのには苦労していたね。緊張が解けて、笑いが起こる。そうだ、そうだ、仲良くやろう。人も、国も、仲良くなれば平和になるのに、なぜ実現しないのだろう。今年こそ、誰の心にも福をもたらしたい、そう願って、小さな集まりを終わって、教会へロザリオに行った。