2017年12月11日月曜日

コルベ神父の映画「二つの冠」は今夜が上映です

昨年の8月9日、長崎・原爆の日、母の命日でもあった。午後から、ポーランドの映画取材班が、長崎の聖コルベ館へ来て、コルベ神父の映画の撮影が始まった。私も呼ばれて取材に応じた。映画の題目は「二つの冠」。コルベ少年が、町の教会の聖母子祭壇で、聖母マリアさまから見せられたという「赤い冠、白い冠」のことで、コルベ神父の全生涯を表している。
★あれから1年4ヶ月、映画は完成し、既に東京では上映され、今夜、長崎のカトリック・センターでもその映画が上映される。待っていました。私は、どのように写っているでしょうか。心、ワクワク、期待しています。
★ホームからも、7、8人が観映に出かけます。もちろん私も行きます。ホームの出発は4時です。映画は6時から始まります。帰るのは10時頃になるでしょう。映画を見ての感想は、明日のブログ・日記に書きましょう。