2016年7月12日火曜日

ポーランドの国営テレビが取材に来る?8月の上旬

ホームの隣、湯江教会の祭壇の、今週の生け花です。
★東京の通訳の女性から電話があった。8月の上旬に、ポーランドの国営テレビが長崎へ取材に来るので、応対して欲しい、との願いです。前に、既に聖母の騎士から、その連絡は受けていたので、話はすぐに通じました。これで確認となった。
★コルベ神父さまのことは、ホームでは全く語ることもないので、寂しい思いはしているし、聞いて心はムズムズしています。コルベ神父の話が出来るなら、本当に喜びです。幸せです。
★でも、わたしは通訳の女性に聞きました。「なぜ、いま、ポーランドの国営のテレビが、日本の、長崎まで来て、コルベ神父をテーマに取り上げるのですか。それが知りたいです」
★わざわざ長崎まで取材に来るのですから、何らかの目標、企画の動機があるはずです。なぜ、いま、コルベ神父なのか。興味が湧くところですが、それは、いまのところ、よくは、わかりません。8月上旬だから、原爆取材にも関係が有るのだろうか。それも有るかも知れないが、コルベ神父が本筋らしいのです。
★いまは、楽しみに、その取材の日を待っています。