2013年12月16日月曜日

セルギウス修道士さんの命日。3年忌。牛乳、足りない朝。

セルギウス・ぺシェク修道士さんの命日です。ミサのとき、祈りました。2010年に、103歳で亡くなった。3年忌です。早いものですね。セルギウスさんは、コルベ神父さまといっしょに生活をした。部屋も、となり同志でした。コルベ神父さまの介護や、部屋の掃除など、勤めました。また、コルベ神父さまの講話を記録しました。貴重なノートになって、残されている。聖コルベ館の資料展示に保存している。コルベ神父さまがポーランドへ帰国される時、「セルギウス兄弟、あとは頼みますよ」と特に指名されて、言いつけられた。その使命感を持って、語り部を勤めました。ルルドの係りを勤め、皆さんに対しては、非常に優しい人でした。修道士の仲間には、厳しい表情があった。ポーランドのお菓子を焼いたりした。晩年は病院に入院して、長生きしたので、よう眠っておられた。非常に、手の握力の強烈な人でした。働いたんですね。戦争中は、苦労をしました。戦争が終わると、東京や、西宮・仁川へ出かけて、活躍しました。セルギウスさんを慕う人は多いです。お祈りください。★セルギウスさんは、牛乳が好きだった。今朝、セルギウスさんのためお祈りして、朝食になった。「あれ、牛乳が、足りない?」。こんな事は初めてだった。「おかしいなあ」。牛乳を飲まない人もいた。(トマは思ったよ。口には言わない)。「セルギウスさんが飲んだかな」