2013年12月14日土曜日

ライモンドのつぶやき。寒い世の中だよ。いいカオしている。

今朝のランモンドだよ。修道士の皆さんは、5時に起きる。間もなく、朝の祈りが始まる。長いお祈りだよ。神さまに賛美をささげる。いのる人がいないと、世の中は、暗くなる。祈りが終わるのが、7時20分ころ、決まっている。ライモンドは、食堂の屋外の扉のところで、待っている。おなか、へっているよ。最近は、寒いので、朝は顔を出さない時もある。夕べの祈り、ロザリオと聖務のあとで、夕食のときに、扉のところで待っている。修道士たちは、お魚が好きだから、ライモンドも助かるよ。でも、食べないサカナがある。それは紅鮭(べに・さけ)です。最近は食べすぎかな。まる、まると、ふくらみが出来てきた。時には、サカナの残り物がない時もある。かまぼこ、だよ。長崎のカマボコは、純粋のサカナで出来ているから、食べられる。ライモンドが食べるのを見ていると、サカナでも、すぐには、かぶりつかない。匂いをかいで、3、4秒、確認して食べている。よそのネコが、横取りに来る。ライモンドは優しいというか、弱いというか、よそのネコに、奪われる。「このカオじゃ、怒れないし、ね」