2013年12月18日水曜日

オバマの湯、2日目。湯に浸かって、カラダぬくもる。

オバマの湯は、カラダが温まります。高温の湯で、105度のお湯が湧いている。この度は、天候が、雨模様なので、部屋に閉じこもって、2度、露天温泉に入りました。お湯に入ると、心も安らぎます。★最近は、カラダの調子は良好のようです。ゲンキを出さねば、と思います。今年は、もう直ぐ終わりになるが、良い年だった。韓国へも、2度、行ったし、東京へも出かけた。体力も、気分も、快復してきた。時間が取れず、しばらくオバマの湯は、遠のいていた。今年は、これで締めくくりたい。お客さんが居ない。ゆっくり、風呂に入った。★ひとが、生きる上で、必要なこと、それは衣食住に、ある程度の安心感があることでしょう。自分もお役に立っている。その上で、愛されていることの実感があれば、最高によい。人の役にたつ喜び。自分も何かの面で、お役にたっている。生きる意味もある。それが喜びであり、幸いです。★湯に浸かっていると、何もかも、忘れます。次の日も、女性1人旅だけ、寂しいモンでした。