2013年12月1日日曜日

12月。落葉を拾うと夢がある。出会った人だけ宝がある。

食堂の窓から、毎回、見えている、色鮮やかな紅葉です。ますます色づいて、今が最高です。ああ、今年も早や、12月に入ったね。そう思いながら、色にも魅せられて、紅葉の下まで、足元に気をつけて、よちよちと歩いて来た。ツバキも咲いている。石の道には、可憐にも、落ち葉が美しく散在する。「ジンセイって、ある人を、踏みしめて、登りつめていく」。落ち葉を踏みしめ、そんなことを考える。落ち葉を見れば、寂しいが、人間の「肉体は、朽ち果てるとも、タマシイは天にあげられ、カラダも復活し、人格・ペルソナルティは、永遠につづく」と、今朝、ミサのときには、そんなことも口ずさみました。感動、カンドウ、何にカンドウするか。常日頃、見ている風景や出来事でも、一瞬、アッと、パアッと、敏感にヒラメク時がある。それがジンセイに瞬発力を与えるんですね。★気持ちだけは、夢を見るんですね。この歳になっても、勉強したい、思います。タカラものを発見する。宝物は、未来には、ないでしょう。過去にあって、埋もれているものを、発掘する。過去に、いろんな人に出会った。教えられた。学んだ。いろいろ有りましたよ。それや、それ、散り行く紅葉の下で、思います。