2013年9月30日月曜日

カラだの診療に、さまざまな課題がある。ゲンキを出そうよ

予約の泌尿器科へ。「10月に入って、ステントの入れ替えをしましょう。そのために、血液検査、胸のレントゲン、腹のレントゲンを撮りましょう。ほかに、なにか、気になることは、ありませんか」とお医者さん。「3週間まえから、カゼ気味で、セキが出て、タンが出ます」と申し出た。内科の女性・医師の診察へ回される。「胸のCTを撮りましょう。タンを取ってください」。CT室へ。結果は、「前のと比べて変わりない。右の胸の、ここのところに、ウミがたまっている」。そんな言葉を告げられると、悲しくなる。いまの状態で、精いっぱい。昔の結核の跡でしょう。さわらない方が、いい。「ゲンキを出せ」と自分に、言い聞かせる。女医さんが「呼吸器の専門医に診せましたか」「いいえ、まだ、です」「1度、専門医に診てもらいましょう」「ハイ」「では、あした」。やっと、開放された。病院の診察は、どうしても長くなる。朝、8時40分に聖コルベ館を出て、戻ったのが、12時40分だった。4時間かかったわけです。それでも無事に戻れたのが、ありがたい。午後から、介護の入浴になっている。★きいろい、まんじゅしゃげ。食堂の向かいに咲いている。★ブログを読んでいる女性が語った。「ライモンド(ネコ)、月に1度ぐらいは載せてください」