2013年9月10日火曜日

記録は、益(タメ)になる。33年前に描いたスケッチです

大分のトラピスト修道院には、すでに、行ったことが、ある。だから、懐かしかった。スケッチが残っていた。記録は、やっぱり、タメになるんだなァ、と思う。スケッチのなかには、いろいろな情報がメモっている。スケッチは、1980年9月17日の日付。建物は、1980年7月11日に落成、と書かれているから、出来上がって、2ヶ月しか経っていない。土地の広さは、61ヘクタール。1ヘクタールは、3.000坪。坪、250円。くわしいなァ。当時は、司祭、3人。修道士、4人。計、7人が居た。聖堂で、修道者が座るイスが、カッコウいいね。★今朝の黙想。聖務の共同祈願から、思い、祈りました。「聖霊によって、すべてを生かし、愛する心を与えてくださる」。聖霊というと、どうも、特異な信仰のように感じられる。あまり、なじめない。しかし、よく注意しておると、聖霊への呼びかけは、度々、有るんですね。「聖霊よ、来てください」とか、「聖霊よ、信じる心を満たし、愛の火を燃やしてください」など。そこで、もう少し、聖霊について知りたいと思いました。聖霊と聞いても、違和感を感じないように、信仰を固めるべきでは、ないでしょうか。「信仰と、愛を、強めて、ください。信じること、愛することが、むずかしい今の世のなかです」