2013年9月15日日曜日

敬老の日。教会で、お祝い。「お若いネ」「ダイジョウブ?」

日曜日。教会で、一足さきに、敬老の日を祝った。75歳以上。30人ほどが居た。1人、1人、名前を呼ばれて、主任司祭から、愛の贈り物をいただく。皆さんが、いただいた後、「トマさん、代表して、お言葉を」「ええ、ワタシが」「頼みます」。そこで前に出て、次のように語った。「ありがとう。1年、1年、いただいて、今年は85歳になった。でも、まだ頑張らなくては。1番、前に、「平山さん」、90歳以上ですよ。負けては、おられない。後期高齢者になって、うれしい言葉は「お若いネ」と言われることです。ゲンキが出ます。頑張ろう、気持ちになる。イヤな言葉は「ダイジョウブ、か」。大丈夫では、ないですよ。あっち、痛い。こっち、苦しい。でも、困難や、痛みは、置いていて、明るく振舞いたい、それが老人の願いです。好きなことを、しなさい。おいしいものを食べなさい。いい思い出を、沢山、つくろう。老人の楽しみです。信仰も、忘れないでね。心境、一言で、語れば「生かされて、きょうも、いのります」。みんなは、拍手をしてくれた。