2013年9月21日土曜日

聖コルベも見た中秋の名月。こんげん月は、えっとなかバイ

昨夜、寝るときの気持ち。何が、気落ちしたのか、知らないが、「うるさいな。楽にしてくれ。あれ、イカン。これ、イカン。やぐらしか(長崎ベンで、イヤじゃの気持ち)」だった。生きていくには、いろいろ有りますからね。こんな考えは、前向きじゃ、ないね。1晩、眠って、今朝、起きたときの気持ちは、「だいじょうぶ。シンパイいらないよ。神さまに、ありがとう、言いましょう。周りの人にも、ありがとう、言いましょう」。そのように変わっていた。メモに書いた。部屋を出る。廊下は、暗い。窓から、外を見ると、こうこうと、明るく輝く月があった。「わー、きれか、なあ」。中秋の名月だよ。本当の名月は、昨日の月だった。昨日も、見えた。リッパな月だね。思わず、口元で、こんな歌が出た。「こんげん、月は、えっと、なかバイ」。(こんなに、美しい月は、めったに、ないぞ)。確か、カミの句があった、思い出せない。そのまま聖堂へ。5時45分から、共同の祈りが始まった。祈りが終わって、朝食のとき、「こんげん月は、えっと、なかバイ」と言うと、隣の修道士さんが、本当の歌を教えてくれた。「わりたちも、みんな出てみろ、今夜こそ、彦サンやまの、月はよかバイ」。コルベ神父が土地を求めた、彦山(400m)に懸かる名月である。コルベ神父も、かつては見たであろう。きっと、天国に、思いを馳せたに、違いない。