2013年5月17日金曜日

ガンと言われて、5年目。予約の診察日。今度も無事か、な?

予約の診察へ出かける。気が重いですよ。早めに、白浜さん運転の車で、泌尿器科へ。前の診察のときに出していた『細胞診』は幾らだろう?これが気になる。尿うぃ採取して、しばらく待っている。呼ばれて、「お世話になります」「韓国、旅行しましたね?」「ハイ、無事に行ってきました」「キムチ、食べました?」「辛いものは食べません。腎臓、1つしか、ないから」「ああ、そうだったね」「細胞診、幾らでした?」「どれ、どれ。1、ですよ。全く正常です」。ホットする。『イノチ、つなぐ、そんな気持ちです』(よかったなあ、とは、こころの内)。「次の診察のとき、ステント、入れ替えの時期、決めましょう」「ハイ」「6月下旬か、7月初め」「わかりました」。これで診察は終わった。もう1度、ホットして、門を出た。帰りに、耳鼻科へ寄る。左耳の治療を行なう。果物屋で、スイカの切れ端を見つけた。(スイカは、腎臓に、いいからね)「スイカ、ください」「400円です」。聖コルベ館へ戻ると、11時だった。