2013年5月23日木曜日

ヘタな色紙も、言葉が光る。あなたを支える、珠玉の一句

聖コルベ館の玄関、スタンドに置かれている色紙の数々。絵は確かにヘタですよ。それでも、言葉がヒカル。この言葉が難しい。経験に基づいた一句ですからね。「今は、苦しいかも知れないが、これは摂理です。そのうち、喜びの時が来るでしょう。苦しみは、喜びに変わる、これが基本のようです。苦しみは、苦労のみで終わっては、余りにも寂しい。今は苦しくても、希望を持ちなさい。そこにゲンキが出る。★次の日曜日。26日は、10時30分からルルド祭が始まる。ロザリオを唱えて、玄義の丘を祈りつつ登り、ルルドでミサがある。参加者が、聖コルベ館にも寄るでしょう。色紙に目がとまって、買ってくれると有り難い。そんな目算もあります。★「主につながれておれば、豊かな実を結ぶ」「コルベ神父の、ルルドのマリアさま、必ずお恵み、くださる」「愛のあるところ、苦しみなし。たとえ苦しみありとも、のち喜びとなるべし」「孤独ではない。あなたの、そばに、主は、居られる」