2013年5月19日日曜日

甘夏ミカン、大きいな。送ってくれて、ありがとう

大きなミカンだよ。甘夏(あま・なつ)です。外海の田川家から奥さんが送ってくれた。これが、おいしんだね。みずみずしくて、ね。家の山に、木が10数本あって、毎年、鈴なりに、生っていた。主人の福松さんが収穫していたが、病に倒れて亡くなった。採取する者が居なくなった。奥さんは寂しく、足も不自由で、ままならぬ。でも毎年、収穫してきたので、子どもさんが帰って来たとき、頼んで取ってもらった。もう木にも、あまり生らなくなった。寂しいね。これを食べると、亡くなった福松さんを思い出す。外海で生まれて、外海で暮らしてきた。戦争で、ビルマ戦線で苦労した。殆どの仲間は戦死したが、かろうじて、生き残って、帰ってきた。苦労の話は殆ど語らなかった。まじめな人だったよ。教会のためにも、心底、働いた。人の一生って、ミカン、見れば、寂しいなあ。残された者は生きるしかない。