2012年6月8日金曜日

入院7日目。ゲンキに退院する

午前ちゅうに、早々と、退院しました。途中で、なじみの理髪店で、下車。「いつぞや、トイレを借りて、お世話になりました」と、サンパツをして、すっきりとなる。昼食は、修道者の食卓で、久しぶりに一緒。皆さんから、笑顔で喜ばれる。日記の読者の皆さん、お祈りと、ご支援はありがとう。★泌尿器科の主治医の高橋先生です。いつもお世話になっています。健康を預けています。笑顔が素敵なお医者さんで、親切な医療で好評です。患者と、お医者さんは、ツー、カーの仲がいいのでは、と思います。その人の暮らしがあり、歴史があり、人生がある。お医者さんは病気を診るのではなく、人間を診る。それが名医だろう。