2012年6月14日木曜日

梅雨晴れの長崎へ。北海道から、夫妻の旅。初めて出会う人は?

夫が、定年退職した。妻は、まだ長崎へ1度も行ったことがない。「ぜひ行きましょうよ」。夫妻は、北海道の札幌を、朝の6時に出て、羽田で乗り継ぎ、午後1時頃には長崎駅前へ着いた。長崎は梅雨なのに、空は明るく晴れ間があった。妻が、騎士誌を愛読していたので、早速、電車に乗って、聖コルベ館へきた。
午後から、しばらく自室で休んでいた私は、3時頃、聖コルベ館へ出た。夫妻は資料室の展示ケースに寄り添っていた。声をかける。3人は、ヒザ付き合せて、座った。なぜ、なんだ。私のカオは、ホホがふくらみ、エビスさんのようになった。自分でも、よく分かる。「ハッ、ハッ、ハ」と、愉快になって、夫妻に語りかけた。「お元気そうで。ああ、よかった。お元気ですね」。奥さんは、私の快活に安心したようだった。ご主人は、妻を、教会へ送り迎えの役目。そういう例はよくわかります。今度は夫が、「ハッ、ハッ、ハ」と笑った。
旅は、5日間という。外海へ行って、日曜日の浦上天主堂のミサで祈りたいと微笑む。遠い北海道から長旅をつづけて、目的の長崎へ来て、最初に出会ったのが、修道士だった。修道士の笑顔だった。そう思えば、なんと、出会いの微笑みは、大きな痕跡を残すことか。「小さな旅でも、大きな恵み」と主張してきた意味の深さを感じた。
ダンナさんが「写真、撮らせてください」とお願いしたから、好感が持てたのだろう。「長崎オラショの旅」「十七歳の夏」を買って、夫妻はルルドへ登って行った。夕べのロザリオのとき、夫妻を思い起こして、心に爽やかな風が抜けていた。★写真は、眼鏡橋に咲くアジサイ。