2012年6月28日木曜日

地元の中学生たちが平和学習にきた。悪に負けるな。愛深くなれ

朝から、桜馬場の中学生たちが登ってきた。毎年、来ている。やっぱり若い、中学生たちの顔色と表情がいいね。こちらも爽やかな気持ちになる。「長崎は、シーボルト医師や、グラバーさんなど著名な外国人の名前が知られている。コルベ神父さんの名前も覚えて欲しい」。説明にも、熱が入った。「生かされている、感謝」「受けた恩は、その人には返せない。別の場所で、別の人に返していこう」「悪に、負けるな」。若いタマシイに訴える。少年たちも、少女も熱心に耳を傾け、目を輝かす。その風情が何とも言えないね。桜馬場は、親しみのある場所。長崎の町の起こりとなった場所でもある。ここに、長崎甚左衛門という地元の豪族が住んでいた。その屋敷跡が中学校になっている。アルメイダ修道士がここを訪れ、甚左衛門を洗礼に導いた。更には主君の大村純忠公も洗礼に導く。ここに長崎の歴史は大きく動いた。長崎歴史の出発になった由緒ある学校です。★中学生たちが帰った後、やはり短い時間だったが、燃えた為か、フラフラと眠っていた。すぐ反応がある。①疲れた感じがするね。②大丈夫ですか。③病院へ行った方がいいのでないか。④顔色が悪いぞ。そいう声に対しては、抵抗はするまい。①には、疲れとります。②には、ダイジョウブじゃ、ないね。とにかく、反対は、すまい。