2012年4月23日月曜日

イノチは神さまのこと。執着するな。生きるも終わるも

早朝、5時に起きる。周りの人は私に同情して、温かく見守り、ゆっくり起きていいんだよ、と言ってくれる。しかし私は自分に言う。「己に、甘えるな」。朝が、一番大切なんです。今の世は価値観が多様で、昼間は休んで、夜中に働く人も居る。それは、それで、かまわない。しかし修道者は、朝が勝負です。早朝に起きて、お祈りをする。お勤めを果たす。平和のため、世の人々のため、神に祈る。朝、怠けになったら、修道者に何の意味があるか。本人自体がダメになる。「早朝から、祈っています。日中は、笑っていますよ」。苦しみがあり、病気があり、老いがあり、やがて人は死ぬ。宗教の基本は「人間は、死んだら、終わりか」の問いかけにあるだろう。生きておれば、楽しいことは、いっぱい有る。生きることに魅力があり、このイノチ、いつまでも生きつづけたい願望が、根底にはある。もちろん中には一時期、苦しくて、死にたいと思うときもあろう。それらを皆、ふくめて人生いかに生きるべきかの範囲である。生かされて、ありがたい。セイ一杯、呼吸したいと思う。「まだ、まだ、倒れませぬ」