2012年4月14日土曜日

今の現実をむしりとって生きていく。それが人生

砕いた石は流れたか。そこまで考えなかった。今朝、看護師さんから言われた。「石は出ていませんね」。毎日、尿を貯尿袋に溜めているが、袋の上に布が覆われている。(写真)。なぜかと思ったら、砕けた石が乗るためだったのです。それに気がつかないから、また聞いていないから、尿を入れるときは、いつもキレを持ち上げて入れていたのです。アホな奴ですね。ひょっとすると、2日目、3日目に、石は出たかも知れない。残念だな。ヌノの上から尿を注げばよかった。尿コップに、コロコロしたカタマリが出たこともあったから大丈夫だろう。看護師さんは言った。「CTを撮っているから判ります」
この世に生まれたのは自分で選んだのでなく、全く自由な人生でなかった。人は、この家族、この国、この環境など、限られた場所で育っていく。私の場合、若くして両親に死に別れ、兄弟もなく、孤児となった。原爆を体験し、生き延びて、数々の病気に耐え、施設の子どもたちと長年、暮らした。カトリックの信仰実話を取材し、記事を書き、今は、聖コルベ館で見学者と出会いを楽しんでいる。それだけのジンセイだったと言えるかも知れない。『過去の出来事、何んにも、ならん。お前の現実は、今だ』。看護師さんとの対人関係、お医者さんとの対人関係、今はそれだけに限定される。生きるからには、①自分の人生を楽しみ、存分、生きたいと思う者も居り、いや②他者に奉仕して生きたいと思う者も居る。これらは価値観の相違だろう。それでも確かな事が1つだけ有る。『他人を喜ばされば、自分も嬉しい。その気持ちが誰にでも有る』