2012年4月24日火曜日

3つの記念日です。上陸。命日。日記の書き始め

①1930年(昭和5年)4月24日。コルベ神父、ゼノ修道士たち聖母の騎士たちは、この日の午後1時頃、長崎丸で長崎港に到着。日本の地に、第一歩を記した。彼らが長崎へ来たおかげで、私も聖母の騎士に入ることができた。②1982年(昭和57年)4月24日。この日、ゼノ修道士が神に召される。ちょうど長崎へ上陸した日の同じ時間、ローマン修道士の証言によると、午後1時頃に、東京のベトレヘムの園病院で、ゼノ修道士は亡くなったそうである。日本生活、52年。90歳であった。没後、30年になる。また今日は、私ごとながら、もう1つの記念日でもある。それは③『登明日記』を書き始めたのが、3年前の、2009年(平成21年)4月24日であった。あれから毎日、ブログを書くのが楽しみとなった。しかし実は日記を書き始めた動機は、少々深刻で、その同じ月の4月2日に、突然の血尿を見て、ボウコウ・ガンといわれ、身も心も痛む療養生活が始まったからであった。「人は、どのように死んでいくのか」。記憶しておこう、そういうヤボな気持ちでパソコンに向かった。あれから3年が経過して、本当に様々な、膨大な出来事が起こったと思う。そして最後を言えば、先日の、思いもかけぬ腎臓に発症した結石であった。1週間おきに、2回の全身麻酔をさせられ、2回にわたって、大小、13個の結石を取り出し、見せられたときは、さすがに唖然として、これが尿をストップさせた原因かと、奇妙な気持ちになった。日記も4年目に入る。さあ、これから、どんな人生が待っているのか。切り開いていくのか。さらに楽しみである。どうぞ、日記を読んでくださる皆さんも、つづいての応援をお願いします。