2012年4月7日土曜日

残念、韓国へ行けない。永井先生、語れない

何年か前に、韓国・テグに、李大司教さまを訪ねた写真です。李大司教さまは永井博士の尊敬者です。何百回となく長崎に巡礼し、韓国の司祭、信徒に巡礼を勧め、韓国に「如己の会」を促進している。その李大司教さまから招待状がきた。「5月6日(日)に、永井博士についての講演をお願いします」。嬉しいじゃないですか。行きたいですよ。でも4月は入院がある。健康のことだから予定は立たない。「不参加でしょう」と残念ながら返事をファックスした。李大司教さまは「永井隆の生涯」を日本語で書いた。「カトリック信徒の彼は他人を愛することを信条として生き、被爆以後はひたすら世界の平和を訴え、人類愛の実践を目指した人でありました」「永井博士、この人を知って以来、私は韓国の人々にこの人物を紹介したいと願ってきました」。ああ、残念、韓国へ行きたいよう。