2012年4月16日月曜日

今日は午後から手術。カクゴ。苦難の1夜になる

昨夜は、夕食時に、千草さんが居てくれた。いよいよアシタは手術です。病院食は、さて置いて、ウナギの蒲焼と、イチゴ、ケーキを食べて、明日の苦難に備えた。写真のボタンは海星学園で見た長崎南画です。私も少々南画をたしなみます。花あれば、心もなごむ。千草さんはこの度の入院で、洗濯や買い物、手足になって尽くしてくれた。実行が有って、実りも有る。いくら「愛しなさい」「助けなさい」と口で言っても行動しなければ、何の足しになるか。今日の手術後も、「任せなさい」と千草さんは言った。術後は大変だよ。苦しむ者はその苦しみを捧げ、周りの者は愛を持って援助する。これが現実には中々難しい。さあ、今は、淡々と、その時を待っている。