2012年4月22日日曜日

新聞に、ゼノ修道士が載る。没後30年。4月24日命日

いつぞや私の所に新聞記者がやってきた。アドバイスしてあげた。昨日の新聞に、大きくゼノ修道士が紹介された。4月24日がゼノさんの命日にあたり、没後30年になる。満足する記事にまとめられていたが、一箇所、腑に落ちない活字があった。萩原神父さんの談話である。(記事の、最下段の部分)「・・・伝えると、戦争起きる」何のことか。今朝、電話で、萩原神父さんに訊ねてみた。萩原神父の解説は概略、次のようであった。ゼノさんの考えている基本は・・・神さまから私たち人間は、すばらしい心を与えられている。しかし人間は自分を大事にするために、すばらしい心は眠ってしまっている。自分の幸せしか考えない『悪い心』もある。私が頼みます。「貧しい人が居ます。飢えているから、パンをください。寒さにふるえているから、モーフをください」。その願いは、その人にとってバクダンとなる。その人の心に、「助けてあげようか」と、いい心もある。しかし「自分に関係ない、自分のセイじゃない。助ける必要ない、との悪い心もある。バクダンを投げかけることによって、その人のうちに戦争が起こります。でも、たいていの人が、『いい心』が勝ちます。こうしてゼノさんは持てる者から譲り受け、持たない人に与えたのです。材木をもらう。米をもらう。瓦をもらう、ほとんど成功しました。しかしゼノさんは「自分のことを聞いてくださった」とは言わない。「その人が、神さまから、いただいた、いい心が働いたのです。そしてゼノ修道士は言っていた。「その人が、いい心で働くように仕向けるのが宣教師の仕事です」。私は萩原神父に問うた。「ゼノさんを一言で言うと、神父さんは何と思いますか」。萩原神父はズバリ答えた・「彼は宣教師であった」。「パンをもらうことで、ない。毛布をもらうことで、ない。ワタシは宣教師です」。ゼノさんの名言です。今日は、この言葉を味わいます。