2017年7月3日月曜日

ステント入れ換えの苦難。これなくして生きられない

病院はイヤだね。右の腎臓を結核で摘出して、70年近く、左の腎臓だけで生きてきた。その左の腎臓も結核に侵されて、死に目にあった。助けてくれたのは看護師のシスターだった。「せっかくなら最後まで診てくれよ」と言いたいよ。
★残る左の腎臓から、ボウコウまで1本のクダ・ステントが入っている。そのお陰で尿が出て、生きているわけです。祈りも出来るし、食事も、入浴も、笑いも出来るし、パソコン日記も書ける。ただ残念なのは、6ヶ月毎にステントを入れ換えなくては、ならない。苦悩があるわけです。シスターに言いたい。「最後まで、腎臓、診てくれよ」
★今日、予約の病院へ行った。高原修道士さんが運転して、付き添った。ステント入れ換えのため、日にちを決めた。その日にちは、ここには書きたくない。弱気になるな。「ああ、シンドイよ」。出るは、ため息ばかりです。後、半年は頑張りたい。すると90になる。区切りがいいじゃありませんか。そこまで生きれば、もう幕を引いてもいいでしょう。
★生きているのを感謝しよう。多くの友人たちは早々と天に召された。生きているのは、どんな状態であれ、幸いです。喜びです。わが身に、そのように説教しております。