2017年3月31日金曜日

入院3日目 人情が心を温める

6人部屋、みなカーテンを閉めてベッドに横になっている。みなそれぞれに痛みを抱えている。
★朝7時半、看護師がパソコンを押しながら入って来る。6人の患者を2人の看護師が担当している。体温、血圧を測り「尿は出ましたか」こたえは一応に「まあまあです」。
★1日三食を食べて、朝夜2回注射をしてそれだけです。肌着は毎日替えるので洗濯をした。
★ベッドに居て思うのは、やっぱり世の中は人情が大事です。能力も技術も人を幸せにするが、人と人の潤滑油である人情のあるなしで決まる。言ってみれば思いやりです。手垢がついた言葉ですが、病人は人情で心が温まる。
★突然、部屋を変わるように告げられた。6人部屋が4人部屋になり、別の部屋に移りました。窓の側は明るいけど風景は無く、窓の向こうは白い壁です。部屋が変わったのでトイレが遠くなった。
★まあまあ元気にやっています。誰も来ません。