2017年3月26日日曜日

これから先、どうなるか、不安や心配もあります

もう、何年も前に、泌尿器科のお医者さんが書いて、説明してくれた図です。腎臓からボウコウへ、長いクダが入っている。4ヶ月毎に、交換してきましたが、最近では、半年に延びています。
★今日は日曜日。ゆったりした気持ちの日なのに、何だか心が重かった。今週、水曜日に、ステント入れ換えのために、総合病院へ入院します。1週間の予定ですが、入院となると、揃える品物が大変です。
★前にも入院してステントの入れ換えをしました。昨年の9月でした。その時に書いておいた帳面があります。それを読めば、大体のことは分かります。ただ、今は寒いので、それが気になります。
★ステントを入れ替えなくては、生きては、いけない。残酷な気持ちもします。でも、私には、クダに頼れないと、生きられない。いつまで続くか、心配もあります。「だから、先のことは、どうなるか、分からない」気持ちにもなるのです。これも私に課せられた摂理として、受け入れていくしか、ないでしょう。
★ホームの女性職員さんが、親切にも、買い物や、持参する品物を1つ1つ確認してくれた。助かります。1人じゃ、やはり、心細い。まあ、ラクな気持ちで居りましょう。