2017年3月3日金曜日

誕生日に、マリア千草さんが、お祝いの贈り物

こんなに心温かく手配してくださる人も居るんですね。有り難いことです。誕生日に、長崎から、マリア千草さん(写真・左)と、運転の女性が来られた。「89歳、おめでとう」と、ホームでお祝いを分かち合うために、寿福さんの和菓子、入居者・70人分と、職員さん・70人分、合わせて、140人分を持って来てくださったのです。
★夕食に全員に配られて、喜ばれました。皆さんから、「ありがとう」「いただきました」など言われ、なかには「マリア千草って、いい名前ですね」との声もあった。
★白い袋に入って、「田川幸一様、八九才、おめでとう、マリア千草」と熨斗(のし)紙に印刷されています。饅頭などの重い品でなく、和菓子の軽い食べ物でしたので、好かったと思います。上品なお菓子でした。このようにまで、好意を尽くしてくださって、感謝いたします。
★昨年も、マリア千草さんは、私の88歳、米寿を祝って、ビニール袋に入ったパン2個を、ホームの全員のため、132人分を持って来てくださった。パンにはサクラの花びらで飾られていました。こんなに2度も尽くしてくださって、有り難いです。
★マリア千草さんとは長い付き合いで、私の欠点もよく知っている。「トマさんは、短気で、気がみじかい。わがままなところがある。人の言うことを聞かない」。耳の痛いところです。でも本当だから、笑いながら受け止めています。これからも、よろしく。