2017年1月28日土曜日

三食を食堂で、願い叶わず。今日も、自室で

カゼの症状は、長引くんですね。一応、峠は越えて、熱は、平熱になっている。だが、時おり、セキが出るのです。セキが出る間は、皆さんの中には、入れない。
★看護師さんが自室に来て、「ホームの先生の医院に、レントゲンを撮りに行きましょう」と言った。車で、三分。診察をして、レントゲンを撮ってもらう。血液の採取も行なった。胸のレントゲンの説明をされるが、昔の病気の痕があるそうです。「肺炎では、ないですか」「肺炎には、罹っていません」。それだけで、一応、安心しました。
★十三、四歳の頃、両方の肺を結核に冒され、「肋膜炎」を患い、水が溜まったりして苦しんだ。結核に、薬はなかった。「椰子(やし)の実」が肋膜に効果があると聞かされ、母が、市場に買いに行った。戦争中だったが、南方から届いたのか、長崎には、ヤシの実を売っていた。ヤシの実というから、実だと思って、割ったら、実ではなくて、水が出てきた。ヤシに穴を開けて、中の水を飲むのです。そんな事を思い出した。(下の絵は「焼けたロザリオ」しおうら しんたろう作より)。谷中さんは病気の私の所に見舞いに来る兄のような青年。母親も描かれている。