2017年1月11日水曜日

心配事は、ありません。ただ歳を取るのは勝てません

朝、ミサのとき、書簡で、次の言葉が読まれた。「イエスは、(中略)、事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです」(ヘブライ人への手紙。2-18)。この言葉が、ジーンと、胸に迫りました。試練は、あるのです。
★修道士とは、どんな身分か、時々、考えます。司祭とは違って、信徒との接触も余りない。しかし宣教の使命はあります。修道士になろうと思ったきっかけは、神さまのこと、マリアさまのことが好きだった。惹かれる何かが、あった。途中、病いで苦しんだが、この道を選んで、平凡だが、過ごしている。
★自分を見失った人に言いたい。「あなたは、あなたの道を進めば、よい。あなたは、あなたで、いいんですよ。あなたにも、よいところは、ある。生きているじゃないですか。生きていることが、すばらしい」
★ホームでは、午後3時から、隣の湯江教会で、ロザリオを中心に、カトリック祈祷書から、「聖体を訪い奉る時の祈り」や「晩の祈り」「召命を求める祈り」など、45分ほど祈りの時間があります。そのときが、私にとって一番、心が和むのです。湯江教会のステンドグラスからもれる光は美しい。これも安らぎを与えます。園長神父さまも、必ず、ロザリオに参加します。これが頼もしい手本です。
★なにも心配ごとは、ありません。毎日、変わりは、ありません。ホームの生活は決まっています。変わらないのが、幸せです。だが、歳には、勝てません。
★今の自分を考えるならば、創作はなく、予定はなく、企画もない。能動的でない。これで、ニンゲンとして、生きていると言えるのだろうか。時折、疑いも、起こります。「でも、これが、私の試練です。私は、わたしで、いいのです」
★そんなとき、教会で、祈るのです。ロザリオを唱えるのです。手を合わせるのです。すると「ああ、オレは、ニンゲンだ」と、ホッと、するのです。「サンビ、と、カンシャ」。ホームに居る、もう1人の修道士さんは、いつも、その言葉を聞かせます。「世の中には、理不尽もあるが、人の強さ、希望もある。それが根底にある」。(テレビから流れた声)