2013年11月8日金曜日

手作りのシオリ、94枚が届く。恵理子さん、有り難う

9月5日の日記に、大分県の恵理子さん作の栞(シオリ)を載せた。あの時の恵理子さんのお便り。「日記を読んでおります。日記の中から、言葉と、絵を合わせて、自作のカード(栞)を作りました。使ってください」と、20数枚送ってくださった。ビックリしました。届いた栞は、出会ったシスターさんたちに贈って、喜ばれた。ところが数日前に、再び、同じ恵理子さんから、大量の、94枚ものシオリが、届きました。ごらんのカード(栞)です。カードを並べてみて、興味があるのが、恵理子さんが、どのような言葉を選んだか、ですね。知りたいところでも、ある。★言葉は短いが、チカラがあるんですね。だから、こういう短い言葉に惹かれます。「親切な、対応は、快い、思い出を残す。出会いは、恵み」「どんな逆境でも、希望と、勇気で、今を、生きる」。こんなのも、いいね。「痛ィーテッ、イヤーダッは、生きている証拠、耐えるのは、今、でしょ」言葉は、切磋琢磨している。★シオリは、何かに挟んで、時々、眺めると、ゲンキが出るでしょう。有効に使いたいと、楽しみにしています。裏は、どうなっているか、というと、聖コルベ館の赤印が押してある。★全然、想像もしなかったのに、大分県の恵理子さんが、ある日、ポーン、と贈ってくれた。偶然の出会いによって、小さな喜びが湧き起こった。喜びは、沢山の、ほほ笑みとなって広がる。あるんだな、そんなことが。だからジンセイは、毎日が、おもしろい。楽しい日々が、過ごせる。