2013年11月7日木曜日

ゲンキな中学生たちから、チカラをもらうよ。悪に負けるな。

関西から、中学生、100人が修学旅行でやってきた。振り返れば、今年も、いろんな学校がやってきたが、この中学生たちは、感心するほど、聖堂での態度がよかった。先ず聖堂の入口で、列に並んで、1人、1人が、ていねいにお礼をしながら、静かに入ってくる。全員が揃うまで、みな静かに席で待っている。中学生って、やんちゃじゃないですか。それが神妙にしている。先生に聞くと、学校にも聖堂があって、このように静かに入る習慣が出来ている、という。「たいしたモンだね」。こちらも、話にチカラが入るよ。中学生たちに混じると、彼らから、若いパワーをもらうね。ゲンキがでるよ。古いアルバムを見ていたら、この中学校は、1984年から聖コルベ館に来ている。もう30年だよ。生徒は先生になって、この学校に勤めて、生徒を指導して参加している。来る学校もリッパだが、それを受けてきた我々も、長い歴史があるなと、あらためて感じた。「困った人を、助ける人になりなさい」「困難が来ても、逃げるな。逃げても、解決しない」「世の中には、イヤに思うニンゲンも、居る。受け入れるのは、なかなか難しい。解決できないときは、1人で、考えこまない方が、いい」。中学生たちは、今夜は稲佐山から、夜景を眺めるという。ちょっと、雨模様だね。きれいに見えると、いいね。「いい思い出を、沢山、つくれよ」